お知らせ・ブログ

ひびきサッカースクール > お知らせ・ブログ > ブログ > 2020年夏 J2②

2020/8/29
2020年夏 J2②

今週もJ2のスタジアム。

陸上トラックもなく、ソーシャルディスタンスも保たれているから観やすい。

立ち上がり、ジェフ千葉のファウルが多い、というか、ギラがファウルを受ける回数が多い。

球際の戦いをさけず、体をはっている。

当たり前のプレーだが、最近はやらない選手が多い。

勝ちたければ、格好とかどうでもいいのである。

サッカーは、結果が全てである。

それにしても、さすがブラジル元代表。

ジェフ千葉のFWは、1人で2人分の働きをしている。きっと給料も2人分もらっているのだろう。あっという間にゴールを演出した。

しかし、驚きはここから

ギラの小兵のMF2人が輝いた。

1人は屋久島出身の163cm 53kg

もう1人は沖縄出身の171cm 63kg

この2人のゴールで、あっという間に逆転。

そして、陸上選手のようなFWがダメ押しの3ゴール目をつきさした。

おさえた低いシュート3発

前半で勝負がついた。

素晴らしいのは、ディフェンダーとくにCBからのパスの質の高さ。

一段高い位置から見て、バスをちらしている。

前やサイドの選手たちは、パスを信じて思いきって走り込んでいる。

相手の嫌なところを狙ってパスしているのでセカンドボールも、拾いやすい。

やはり、最初が大事である。

後半も、運動量も落ちない。

球際も簡単にやらせない。

攻守の切り替えも粘り強い。

華麗ではないが、勝つために必要なキーファクタを徹底してやっている。

当たり前だが、それを選手たちに理解させて実行することが、一番難しい。

やはり、それが監督の腕だろう。

はい、勉強になりました。

追伸

佐藤寿人選手のプレイも見たかった。

最近の投稿